正しく歯を磨かなければいけない

歯磨きは毎日行うもの

いろんな歯ブラシを比べよう

握りにくい歯ブラシだと、奥歯や歯の裏側など細かい部分を磨くのが難しいです。
また磨き残しも増えるので、虫歯のリスクが高まります。
ですから握りやすいことを1つのポイントに、歯ブラシを選んでください。
またヘッドが大きすぎるものも、奥まで入らないのでおすすめできません。
特に女性や子供は口が小さく、一般的なサイズでも大きいと感じることがあります。
口が小さい人は、ヘッドが小さめに作られている歯ブラシを選びましょう。

歯や歯茎を守るために、柔らかい毛先の歯ブラシを使いましょう。
パッケージに固さが書かれており、中には毛先が固い歯ブラシがあります。
しかしそれで磨くと歯や歯茎が傷つき、バイ菌が侵入するリスクがあるので避けましょう。

含まれている成分を知る

歯ブラシだけで磨くよりも、歯磨き粉を付けた方がより効果を高めることができます。
しかし歯磨き粉にも様々な種類があるので、自分の目的にふさわしい製品を選ばなければいけません。
虫歯を予防したい人は、フッ素という成分に注目しましょう。
フッ素は汚れが付かないように、歯をコーティングしてくれる成分です。
特に虫歯菌が増えやすい寝る前の歯磨きでは、フッ素をしっかりコーティングすることを意識しましょう。

さらに歯周病を防いだり、知覚過敏を改善したりできる歯磨き粉もあります。
ホワイトニング効果を発揮できる歯磨き粉も存在するので、よくパッケージを見てください。
また歯磨き粉は、同じ製品を使い続けることで大きな効果を発揮できます。


シェア
TOPへ戻る