正しく歯を磨かなければいけない

口内に食べカスを残さない

外出先でも歯磨きができるように

働いている人は、外で昼食を済ませる機会が多いと思います。
ですからこれまで、歯磨きを怠っていたのではないでしょうか。
しかし昼食後の歯磨きを怠ると、その間に口内に汚れが溜まり、虫歯菌が繁殖するリスクが高まります。
外出先でも、歯を磨くことを守ってください。
歯磨きセットを常に持ち歩くと、どこでも歯を磨けるので助かります。

しかし外出中は、どうしても歯を磨く時間を確保できない時が訪れるかもしれません。
そのような時は、水で口をゆすぐだけでも構いません。
それだけでも食べカスや、汚れを洗い流せます。
また、キシリトール成分が含まれているガムを噛むのも良いでしょう。
とにかく食事を終わらせて、そのまま口内を放置しないでください。

おやつの時間を決めよう

昼食を済ませてから、夕食までに時間があります。
その間にお腹が空くので、おやつを食べる人がいるでしょう。
仕事の合間におやつを食べると気分転換になるので構いませんが、食事が終わった後と同じように歯を磨いてください。
特に糖分が含まれる甘いおやつを食べた後は、口内に汚れがたくさん溜まっています。

また、おやつは午後の1回だけにしましょう。
1日に何回もおやつの時間があると、そのたびに歯を磨かなければいけないので面倒です。
虫歯予防をするなら、糖分が含まれないおやつを選んでください。
ドライフルーツやナッツは食べ応えがありますし、栄養も豊富なのでおやつに向いています。
おやつの時間も見直しながら、虫歯予防に努めましょう。


シェア
TOPへ戻る